M電卓 / M-Calc‎ > ‎

About TubakuroSoft

"Tubakuro" is a swallow in Japanese.

2012/07/15 TubakuroSoft(つばくろそふと)に名前変更

 M電卓とは面積の小さな電卓ソフト Mini電卓というイメージでつけました。初めて作ったexeファイルに名前をつける時適当にMdentaku.exeとしたのが始まりです。
誰もが想像つくように、「M電卓の作者」という名前もこれといった案がなく雑につけました。それもRectPackerの公開で更に変になりました。RectPackerはRectangle Packing Problem(長方形詰め込み問題)からきています。当初、木取り+erでKidllerとしたのですがグーグルさんに「もしかしてkiller」と聞かれてやめました。で、「TubakuroSoft」に変更します。
 家の玄関に初めてツバメが巣を作りました。動物には全く興味がありませんでしたが、しばらく眺めていると面白くなって来ました。それぞれの個性が見えてきて、仕草などである程度の個体識別ができるようになります。彼らは今までの想像以上に知能があり、ツバメ同士の結束力が強く、単純な習性といったものではない社会性があるように思えます。しかしこのサイトにツバメ画像はありません。(執筆時)それは、
1組目 孵化直後カラスに食われる。
2組目 くちばしが見えてきたあたりで蛇に食われる。
3組目 産卵前に成鳥の方が蛇に食われる。
4組目 カラスに巣を壊される。
5組目 スズメが襲撃。10匹ぐらい近所の仲間を呼んできて応戦するも敗退。
なかなかうまく行きません。事件までは本当に楽しそうな様子なのでがっかりですが、それが自然というものなのでしょう。もう家では作らないでくれ。そう思いながらもまだ今後に期待している自分がいます。
 ソフト制作はすぐに行き詰まりますが少しづつ少しづつ発展させてきました。大変な苦労をしながらも前向きなツバメたちにあやかってツバクロソフトに名前を変更します。
2013/06/15
初めて3羽巣立ちました。
1羽が巣立った直後の巣(すぐに引きこもる奴なのでまともに写真取れませんでした。ツバメブログではないのでいいや)


ツバメのカラス・ヘビ対策 

5羽いたのですがカラスにやられてしまい対策しました。カラス、ヘビ、ネコ、スズメとの戦い...こういうことを書くと、カラスやヘビも生きてるのに、と言われそうです。しかし、わざわざ人間の建物の入口に営巣するわけで、ある程度守ってやるのが筋だと思うのです。何もしないとほとんど食われます。人間が守らないと種を存続できそうにないです。ていうか、やっぱり自分の家の雛が死ぬのは見たくありません。
複数のツバメブログなどを参考にしました。(ラジオは自分で思いつきました)
  • カラスよけ
    カラスは大きい上にツバメほど器用に飛べないので針金とハンガーで邪魔します。
    調度良い止まり木になってました。
  • 踏み台になるものを撤去
    カラスはホバリングできないので下からジャンプして襲います。自転車を台にされてしまいました。
  • ヘビ忌避剤。
    ナフタリンくさい。説明には1ヶ月有効とありますが、とてもそうは思えないので、毎日ちょっとづつ撒きます。
  • ポリ袋貼付け
    ヘビは垂直の壁も僅かな出っ張りで登ります。それをなくすためにテープで貼り付けます。
  • ラジオ
    外で24時間つけっぱなし。ツバメと他の動物の人間に対する警戒心の差を利用。音がすることで蛇が近づかなくなる。夜間は音量を絞ります。ツバメは全く気にしない様子でした。
  • センサーライト
    夜間、近づく猫が逃げて行きました。
  • 警戒音チュピー! チュピー! チュピー! チュピー! に注意
    本当にヤバイ時は声のトーンがきつくなります。出て行くとカラスが狙っていたり、ネコが巣を見上げていたりします。


    やはり警戒されるので初めからか孵化してから始めたほうが良いようです。
巣立ち直後の子1羽と親子(どれがどれかわからん)

 カメラ目線の父親

2013 2回目の子育てメモ、同じペアで同じ巣
2013/06/22 1個め産卵
2013/06/25 4個目産卵 終了
2013/07/09 1羽目の孵化
2013/07/10 4羽全員孵化
2013/07/30 1羽落下事故、自力で上がる
2013/07/31 5:50 3羽巣立ち、7:30 残り1羽も巣立ち

2013/08/04 まだ巣に戻ってくる子どもたち、とまり木は父ちゃん。月末辺りまで寝に来ていた。

2014 メモ
  • 2014/03/24
    飛来確認 去年と同じペアだと思う
  • 2014/04/13
    卵1個
  • 2014/04/17
    卵5個 抱卵開始
  • 2014/04/19
    蛇避け拡大、カラスよけ設置
  • 2014/05/01
    誕生 真下に殻半分を見つける。
  • 2014/05/03
    カメラから頭がちょっと見え出す。
    卵5個あったのに4しか見えない
  • 2014/05/10
    1ランク小さな5番目を発見
  • 2014/05/11
     止まり木になってたカラスよけの針金が細すぎなので太いものに変更した。交換作業中、親は警戒音も出さずにすぐそばでじっと見ていた。
  • 2014/05/20
    早くも2回目用の巣作り開始
  • 2012/05/22
    巣立ちを催促され泥を食わされる、吐き出してた
  • 2014/05/24
    午前2:10 野良猫の襲撃届かず
    午前8:10 5羽全員巣立ち
    雨の日を除いて夜も帰らず

  • 2014/05/29
    新たに作った巣は結局使わず、卵1個。
  • 2014/05/30 卵2個
  • 2014/05/31 卵3個
  • 2014/06/01 抱卵開始
  • 2014/06/15 誕生
  • 5羽を確認
  • 2014/07/06 カラスの襲撃、カラスよけに阻まれ届かず全員無事
  • 2014/07/07 1羽プチ巣立ち
  • 2014/07/08 全員巣立ち
2015メモ
  • 2015/03/21 キタ
  • 2015/04/18 卵5個確認
  • 2015/05/01 生まれたらしい
    生まれたのは4羽でした
  • 2015/05/23プチ巣立ち
    2015/05/24 巣立ち
    2015/05/29 寝泊まりの最後
  • 2回目
    1番の子育てしながら新築し始める
    2015/06/28 抱卵開始
    2015/06/29 卵5個をを確認
    2015/06/10  生まれる

    2015/07/03 3羽プチ巣立ち
    2015/07/04 5羽全員巣立ち

    2015/08/13
    巣立ったあと、親も子も毎日遊びに来てくれました。
    この日を境に周辺のつばめとともに一斉に旅立ったようです。
 2016年
  • 2016/03/25
    巣への飛来を確認
    首の部分が赤くて周辺のはいないタイプ
    止まり木を使ってくれない
  • 2016/03/30
    オス君が入れ替わる。慣れた様子から去年の子らしい
    初日から泊まり始める
  •  2016/04/24
    抱卵開始 25日に5個確認
  • 2016/05/10
    生まれる
  • 2016/05/17
    兄弟がうんこするときその上に乗っていた1番小さい子が落下、残り5羽を確認(卵は6個あったらしい)
  • 2016/05/27
    向かい側のすのリフォームを始める
  • 2016/05/31 1羽巣立ち
  • 2016/06/01 計2羽巣立ち
  • 2016/06/02 5羽全員巣立ち
  • 2016/06/03 全員新しい方の巣に入り込まれて寝る。困った様子の親。
  • 2016/06/04 巣に連れてこないためか親も泊まりに来ない。

  • 2016/06/12 2回め抱卵開始
  • 2016/06/26 生まれる
  • 2016/07/18 4羽無事巣立ち